保険のことなら、土日祝日も営業中のディライトにお任せ!横浜市港北区 東急沿線 大倉山駅最寄りです。保険コンサルティングをお求めなら弊社まで!!

お電話でのお問合せはこちら
0120-980-526
受付時間
9:30~18:30
定休日
水曜日

お問合せは24時間お気軽に!

保険選びで失敗しない秘訣

「保険って難しい…種類も多く、何に加入したらよいか迷ってしまう」

まずは、シンプルに「なぜ保険に加入するのか」をもう一度よく考えてみましょう。

保険は何かあったときの備えだということ。

 

「もしものこと」があった場合にいくら必要なのか

 

こうした観点で考えると、保険というものがわかりやすくなってきます。

何かあったときのために備えるコストというところから、保険は貯蓄ではないということがわかります。つまり保険は原則「掛け捨て型」になるのです。

そして、「もしものこと」とは、多くの人にとって、死亡する、病気になることですから、死亡保障のための生命保険、医療保障のための医療保険に加入するとよいのではないか、と考えていけばよいのです。

以上のような考え方はあまりにもシンプルではありますが、この考え方を忘れてしまうと、保険を選ぶ際の視点が定まらず、必要のない保険や高額な保険などに加入してしまうことになるのです。

公的医療だけでは足りない?

日本には、国が主体となって運営する「公的な保険」があります。

国民健康保険、国民年金、介護保険、雇用保険などに代表される保険で、「社会保障制度」とも呼ばれます。

原則として、すべての国民が加入しています。

しかし、公的な保険は、あくまでも最低限の保障をするものでしかありません。

例えば、公的な医療保険では、個人の負担額は、一般的に3割と定められていますが、これは、保険診療の対象となる部分にのみ適用されるもの。保険診療の対象外である、食事代や差額ベッド代、先進医療にかかる費用などは、全額自己負担となっています。

つまり、入院が長期にわたる場合や、がんに対する先進医療を希望する場合、個人の負担は大きくなり、家計を圧迫することにつながります。さらに、世帯主が働くことができなくなった家庭では、収入が途絶えるため、生活そのものが不安定になる可能性もあるのです。

 

そこで、万が一の事態に備えて、必要となるのが「民間の保険」です。各個人が、必要な保障を選び、任意で加入します。民間の保険には、公的な保険で足りない部分を補うという、大きな役割があるのです。

貯蓄があれば、保険は不要?

貯蓄と保険、どちらも万が一のために備えるという点において、目的は同じです。

 

貯蓄があるから、保険は必要ないと考える人もいます。確かに、はじめから、目標とする貯蓄を持ち合わせている人にとって、保険は必要ないものかもしれません。しかし、一般的に、貯蓄は一定の時間をかけて積み上げていくもの。貯蓄の途中で、万が一の事態になった場合には、十分な補償ができない可能性があるのです。

その一方、保険に加入すれば、契約が成立した時点で、一定の保障を確保できます。
貯蓄の有無に関係なく、万が一の事態に備えることができるのです。

 

しかし、保険料を支払うことによって、生活が困窮するのは本末転倒…

自分や家族に必要な保障と、家計のバランスを両立することが何よりも大切です。

お電話でのお問合せはこちら

0120-980-526

受付時間:9:30~18:30(水曜を除く)

営業時間

営業日
営業時間

9:30〜18:30
水曜日 定休

お問合せ

お気軽にご連絡ください。

0120-980-526
Your Website Title

おすすめコンテンツ

ちょいのり保険

24時間500円からの自動車保険

海外旅行保険

ネットで加入の海外旅行保険

モバイル保険

スマホ修理補償最大10万円まで

eゴルファー保険

ネットで加入のゴルファー保険

メディカルKit NEO

医療保険「メディカルkitNEO」がネットでお申し込み!!

お客様専用ダイヤル
0120-980-526

代表者プロフィール

代表取締役 佐藤 顕治
資格

宅地建物取引士
2級FP技能士

 

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。